意外と知らないスタッドレスタイヤの寿命 | コバックニュース|車検のコバック新潟市・三条市・燕市

車検のコバック新潟市・三条市・燕市 メールフォームへ

意外と知らないスタッドレスタイヤの寿命

2021/01/22
コバックニュース

新潟は、年末年始から雪が降り続いてますね。
道路状況も除雪のために道幅が狭かったり、デコボコの路面でタイヤがとられたり…。
気温が低いとツルツルの路面がとても怖いですよね。

 

「思わぬところでタイヤが滑って危なかった。」
「坂道、なかなか進まない。」という体験を多くされたのではないでしょうか?
もしかするとスタッドレスタイヤの寿命かもしれません!


今回は、スタッドレスタイヤの特徴から寿命のチェックまでお話したいと思います。
ぜひ、参考になさってください。

スタッドレスタイヤの特徴

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤの大きな特徴は2つあります。

 

①溝
タイヤが地面と接する場所(トレッド)を見ると、深く掘られた溝大きなブロック、そして細かな切込みも掘られています。

 

積雪のある路面では、深く掘られた溝で雪を噛むようにして掻き出しています。
その際、ブロックの角や細かな切込みも雪を引っ掻きます。
例えば、スノーブーツも同じです。靴底に深い溝が掘られていますよね。深く掘られた溝で安心して歩くことができています。

 

凍った路面ではどうでしょう?
冷凍庫から出した氷と少し溶けている氷ではどちらが滑りやすいでしょうか?
少し溶けている氷は表面が水で覆われているから滑りやすいのです。
路面でも同じことが起きています。凍った路面の上に水の膜ができています。
そこでスタッドレスタイヤの溝に水膜を吸収して接地することで滑りにくくしています。

 

 

②ゴムの柔らかさ
スタッドレスタイヤに欠かせない特徴が【ゴムの柔らかさ】です!
スタッドレスタイヤのゴムは低温でも柔らかさを維持できるように作られています。
ゴムが柔らかくないとデコボコした路面に接することができません。
タイヤにとって接地できないことは、ハンドルの操作が地面に伝わらない状況です。
いくら溝があってもゴムの柔らかさがないと安心して走行できないのです!

 

路面状況の悪いところを安心に走行できるのはこのようなスタッドレスタイヤの特殊な性能のおかげですね!
スタッドレスタイヤの重要性を感じます。

雪道の危険性

雪道走行

それでは、寿命の近いスタッドレスタイヤで走行した場合、どのように危険なのでしょうか?

 

実際に、氷上ブレーキテストを行ったデータを見てみると、
アイススケートリンク上では、新品の国産タイヤと5年前製造の国産タイヤでは1m以上の差がありました。
圧雪された路面では3mほどの差が…( ゚Д゚)
アジア製のタイヤはアイススケートリンク上で3年前製造のものでも初速段階で滑ってしまい計測不可でした( ゚Д゚)

 

たかが1mと思いがちですが、車がよく停止する交差点では車や人の横断があります。
さらに除雪作業中は道幅も狭く、視界も悪くなっています。1mの差は大きいですね。

 

また、スタッドレスタイヤの溝が減っている状態では、雪を噛んで、引っ掻き、進むことが難しいです。
発進時の少しの登り坂で進みづらいなどがあれば注意が必要ですね。

あなたのスタッドレスタイヤ大丈夫?寿命チェック

タイヤプラットホーム

愛車のスタッドレスタイヤはどうなのか、気になりませんか?
ご自身でもチェックできるスタッドレスタイヤの寿命チェックをお教えします!

 

《溝の深さ》をチェック!
深さは新品時の50%になります。
50%の深さにはプラットホームと呼ばれる目安の凸がついています。
このプラットホームを探すために見る目印はタイヤの横の部分(サイドウォール)についています。
➡の形をしていますよ。探してみてください。
プラットホームが表面に露出したら寿命になります。

 

《使用年数》をチェック!
タイヤの原料はゴムです。輪ゴムと同じように最初は柔らかくても時間が経つと固くなります。
そのため、使用年数をチェックをします。


タイヤの製造年週はタイヤの横の部分(サイドウォール)を見ると確認できます。
4桁の数字が刻印されています。
最初の2桁は製造週、最後の2桁は製造年を表します。

「3215」であれば、2015年32週目ということですね。

 

スタッドレスタイヤの寿命は3~4年と言われています。チェックをしてみてください!

 

 

ご自身でチェックするのは不安という方。
また、タイヤの保管状況によっては寿命が縮む可能性もありますので、
気になる方は車検のコバックへお立ち寄りくださいませ。
タイヤのご相談も受け付けております!

まとめ

スタッドレスタイヤは雪道を走行するのに欠かせない部品ですね。
重要性を再認識できたかと思います。
また、氷上ブレーキテストでは国産タイヤがいかに性能が良いか確認することができました。
スタッドレスタイヤは、出来れば安く買いたいところではありますが、性能が良いものを選びたいですね。

 

これから2月。雪が本格的に降る時期に入ります。
スタッドレスタイヤちょっと不安だな~と思う方は、ぜひお近くの車検のコバックへご相談ください。
コバックなら国産タイヤもお安く販売しております!
ご来店、お待ちしております!!

お問い合わせはコチラから

どんな車もコバックにお任せください!

※同一地域内で1ヶ月以内に発行されたもので、車検に必要な法定24ヶ月点検料、完成検査料、登録申請手数料が対象。
※車検代行などの分解整備を行わないものは除く。
※台数限定・期間限定などのキャンペーン価格は対象外。