車の名義変更、どう手続きしたらいい? | コバックニュース|車検のコバック新潟市・三条市・燕市

車検のコバック新潟市・三条市・燕市 メールフォームへ

車の名義変更、どう手続きしたらいい?

コバックニュース
2020/01/22

名義変更はどんな場合に必要?

譲渡や売買で車の所有者が変わる際には、名義変更が必要になります。
これは親族間であっても、必ず名義変更手続きをしなければなりません。
また、車の持ち主が亡くなった場合もその後の相続者への名義変更手続きが必要となります。
相続手続きをしないとその車を売却・廃車する事はできませんし、納税通知も前所有者の住所へ届く為、納税の際に面倒が起きてしまいます。

名義変更に必要な書類と費用・申請場所

■申請用書類・費用

 

先ず必要な書類とその費用ですが、書類は名義変更する車の元々の所有者側で用意するものと、新しく所有する側で用意するものがあります。
普通車の名義変更の場合
【元々の所有者】
・車検証
・印鑑証明(取得から3ヶ月以内のもの)・・・500円程
・※委任状(印鑑証明書と同一の実印が押印されているもの)
・※譲渡証明書(印鑑証明書と同一の実印が押印されているもの)
・住民票・戸籍謄(抄)本(車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合)・・・300円程
これらの書類を新しく所有する方へ渡し、手続きしてもらいます。

【新しい所有者】
・車庫証明(取得から1ヶ月以内のもの)・・・2,500円~3,000円程
・印鑑証明書(取得から3ヶ月以内のもの)・・・500円程
・実印(印鑑証明と同じもの)
・手数料納付書(陸運局で記入)
・自動車税/自動車取得税申告書(陸運局で記入)・・・200円程
・※移転登録申請書(OCRシート1号用紙)
(※委任状、譲渡証明書、移転登録申請書は国土交通省のHPからダウンロードもできます。)

この他、車の前所有者が県外の場合等は陸運局の管轄が変わる為、ナンバープレートの変更も必要になります。
その際の費用は1,500円~3,000円程になります。

申請場所

申請場所は【陸運局】です。
上記の書類を新しく所有者になる方が陸運局へ持って行き、手続きを行います。
必ず実印と免許証を忘れずに持って行きましょう。
陸運局では手数料納付書、自動車税/自動車取得税申告書、移転登録申請書の記入をします。
(移転登録申請書は国土交通省のHPからダウンロードして自宅で記入も可能。)
この時に、手数料納付書に貼る印紙代でとして500円程かかります。
せっかく手続きに来ても、書類の不足や不備があると手続き不可で正しいものを用意し直して再度手続きに来なければならず、とても手間なのでしっかり確認してから陸運局へ向かうようにしてください。

代行業者

個人で手続きするのはなかなか時間も取れないし、ちょっと大変・・・。という方もいらっしゃると思います。
名義変更手続きを代理で行ってくれる代行業者もありますので、名義変更の予定がある方はディーラーや自動車整備会社に確認してみてください!
行政書士事務所でも代行してくれるところがあるようです。
但し費用は個人で行うよりも高くなってしまうようですが、時間の節約にもなりますし、何より面倒な書類記入は代行業者が行ってくれるので安心です。

まとめ

今回は普通自動車の名義変更を個人で行う場合に必要な書類と費用の解説でした。
軽自動車の場合は必要書類が少し異なりますし、申請場所は軽自動車検査協会になります。
詳しくは軽自動車検査協会に問い合わせてみてください。
名義変更する状況によって必要な書類も異なってきますので注意が必要ですが、陸運局や代行業者に確認するといいでしょう。

 

車検のコバックでも名義変更の代理を行っております!

何かご質問等ありましたらいつでもお問い合わせください!!

 

  • facebookボタン
  • twitterボタン
  • lineボタン
コバックは地域最低価格保証

※同一地域内で1ヶ月以内に発行されたもので、車検に必要な法定24ヶ月点検料、完成検査料、登録申請手数料が対象。
※車検代行などの分解整備を行わないものは除く。
※台数限定・期間限定などのキャンペーン価格は対象外。

お電話はこちら 車検をWEB予約